まじかんしょう。

ドラマや映画、アニメ、バラエティなど様々な動画を鑑賞した様々な人の感想などをまとめています。

本能寺ホテルってどうなの?あらすじと感想をまとめてみた

f:id:majimoney:20180222011643j:plain

今回紹介する映画「本能寺ホテル」は、2017年の1月14日に劇場公開された鈴木雅之監督による歴史エンターテインメントになっております。

万城目学原作の映画「プリンセス トヨトミ」で息の合ったコンビネーションを披露した綾瀬はるかと堤真一が、本作品の中でも相も変わらぬ名コンビぶりを見せていきます。

本能寺ホテルのあらすじ

主人公の倉本繭子は勤めていた会社がある日突然に潰れてしまい、次の就職先も見つからないままに無為な日々を送っています。

フィアンセである吉岡恭一に対しても何かと引け目を感じてしまい、心から結婚式へと望む決意が湧いていきません。

恭一の父親と母親の金婚式へと参加するために京都市内を訪れた繭子は、ハプニングから「本能寺ホテル」という場所で宿泊することになりました。館内のエレベーターに乗り込んだ途端に、繭子は不思議な世界へと迷い込んでいきます。

本能寺ホテルの感想

オープニングに登場する京都のお土産屋さんで販売している、手作りの金平糖が実に美味しそうでした。予約が取れていなかったハプニングから主人公の倉本繭子が偶然にも立ち寄ることになった、本能寺ホテルから怪しげなムードが高まっていきます。

どこかノスタルジックな雰囲気を感じることができる館内や客室と、アンティーク調のオルゴールが奏でるメロディーが印象深かったです。エレベーターに乗った途端にタイムスリップしてしまうあり得ないストーリー展開も、不思議とすんなり受け入れることが出来ました。

自らに降りかかった突然の災難にも動じることなく、運命に立ち向かっていく倉本繭子の役を演じている綾瀬はるかが微笑ましかったです。

濱田岳が演じている側近武士の森蘭丸とヒロインの、噛み合わない会話がユーモアセンスたっぷりとしていて良かったです。

堤真一が威厳たっぷりと演じている織田信長に対して、臆することなくけずけと物を言う繭子に振り回されていきながらも徐々に心を通わせていくふたりには心温まるものがありました。

結婚を間近に控えながらも婚約者との間に微妙な距離間を感じていて、陰のある繭子の表情が心に残りました。安土桃山時代の1582年と現代を行き来していくうちに、次第に生き生きとした顔つきに変わっていく様子が伝わってきました。

恭一にも自分自身にも心から向き合うことが出来なかった主人公が、始めて自らの意志を持って歴史の謎解きに挑んでいく決意を固める瞬間には胸を打たれました。仕事や恋愛に対して臆病になっている方には、お勧めな作品になっています。

本能寺ホテルの口コミ

0

本能寺ホテルを取り扱っている動画サービスは?

本能寺ホテルを取り扱っている動画サービスはU-NEXT、ビデオマーケット、dTV、auビデオパス、TSUTAYADISCASです。それぞれで無料お試し期間が設定されていますので、試してみて下さい。