まじかんしょう。

ドラマや映画、アニメ、バラエティなど様々な動画を鑑賞した様々な人の感想などをまとめています。

DESTINY 鎌倉ものがたりってどうなの?あらすじと感想をまとめてみた

f:id:majimoney:20180222155528j:plain

今回紹介する映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」は、2017年の12月9日に劇場公開されて現在でも上映中の山崎貴監督によるファンタジードラマになっております。

原作マンガは西岸良平による日本漫画家協会賞受賞作品になり、堺雅人の主演によって映像化されています。高畑充希とは夫婦役での共演になり、息の合ったコンビネーションを見せていました。

魑魅魍魎が跋扈する街並みの中でも人間が日常生活を平穏無事に送っている独特な世界観を、最先端の特撮技術とビジュアルエフェクトを駆使して再現していきます。

ささやかな夫と妻のラブストーリーでもあり、壮大なスケールによる死後の世界へのアドベンチャーでもある不思議な味わいがありました。

DESTINY 鎌倉ものがたりのあらすじ

神奈川県内の中でも特に風光明媚な町である鎌倉市で、小説家の正和と妻の亜紀子は仲睦まじい新婚生活を送っています。

正和は売れっ子のミステリー作家としての執筆活動だけではなく、素人探偵として鎌倉警察署の殺人事件の捜査にも協力しています。

鉄道模型の収集や熱帯魚の飼育などのマニアックな趣味に夢中になる正和を、亜紀子は優しく見守っています。

ある日突然亜紀子が魔物に見初められて幽霊になってしまい、彼女は夫と別れて黄泉の国へと旅立っていきます。

正和は愛する人への思いを断ち切ることが出来ずに、魔物たちが蠢く世界から亜紀子を連れ戻す決意をします。

DESTINY 鎌倉ものがたりの感想

実在する鎌倉市内の街並みと、物語の中の架空の世界が上手く混じり合っていました。江ノ島電鉄の旧車両が日常と非日常を繋ぐ役割を果たすことによって、異世界へと飛び越えていくシーンには忘れがたいものがありました。

100円ショップやコスプレなどといったキーワードが飛び出してくる時代設定は現代的になりながらも、クラシックカーが駆け抜けていく風景や昔ながらの黒電話など細部にはどこかノスタルジックなムードが漂っていました。

日常生活のすぐ隣にいる幽霊や妖怪を始めとする異形の存在を、主人公の正和も妻の亜紀子もすんなりと受け入れていくところが印象深かったです。死をタブーと捉えることなく、生の延長線上に見据える考え方には共感できました。

描き出されている死者の世界もおどろおどろしいものでなく、温泉リゾートのようなのどかな雰囲気がありました。「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズを始めとする、懐かしさをテーマにした映画が好きな方には是非とも見て頂きたいと思います。

DESTINY 鎌倉ものがたりの口コミ

DESTINY 鎌倉ものがたりを取り扱っている動画サービスは?

DESTINY 鎌倉ものがたりを取り扱っている動画サービスはまだありません。2017年12月に公開されたばかりの映画ですので、今後の取り扱いを楽しみに待ちましょう。