まじかんしょう。

ドラマや映画、アニメ、バラエティなど様々な動画を鑑賞した様々な人の感想などをまとめています。

ありふれた悪事ってどうなの?あらすじと感想をまとめてみた

f:id:majimoney:20180223135324j:plain

今回紹介する映画「ありふれた悪事」は、2017年の12月9日に劇場公開されたキム・ボンハン監督による社会派サスペンスになっております。民主化直前の韓国国内で実際に起こった、「華城連続殺人事件」からインスパイアされたストーリーになります。

ひとりの愚直で勇敢な刑事の生きざまを通して、国家権力による狡猾な事件の捏造や情報操作を描き出していきます。歴史的な事実に基づいた綿密なリサーチと、今の朝鮮半島が抱えている複雑な現状にも繋がっていく展開が見所です。

主人公ソンジンを演じている、主演のソン・ヒョンジュが圧倒的な存在感を放っていました。親友の新聞記者や敵役の公安警察官など、脇を固めるキャスティングもぴったりとはまっていました。

ありふれた悪事のあらすじ

刑事のソンジンはある日突然に、国家安全企画部の室長ギュナムから連続殺人事件の捜査を命じられました。別件がきっかけになって逮捕された男性の裏付け捜査を進めていくソンジンは、国民の目を欺くための事件の捏造に気付いてしまいました。

内職を続けて細々と家計を支えている妻とハンディキャップを抱えている息子の存在が弱みとなり、ソンジンは上層部の決定に逆らうことが出来ずに捏造捜査に加担していきます。

その一方ではソンジンの親友でありジャーナリストでもある自由な立場のジェシンは、独自の着眼点と自らの正義感から事件を洗い直していきます。

家族のために真実から目を背けていくソンジンと国家権力の脅し文句や妨害に屈することなく真相を追い求めていくジェシンの、ふたりの運命が複雑に絡み合っていきます。

ありふれた悪事の感想

オープニングでの警察官がデモ隊に銃を向けて発砲し、学生たちが次々と逮捕されていくシーンが衝撃的でした。一般市民の日常生活が政府の諜報機関によって徹頭徹尾監視されていき人権までもがあっさりと奪われていた、当時の異様な時代の雰囲気が伝わってきました。

家族を人質にとられて国家への忠誠を強要され続けてきたソンジンが、怒りを爆発させるクライマックスが圧巻でした。圧倒的に勝ち目のない相手に対しても、危険を省みずに果敢に戦いを挑んでいく様子には胸を打たれました。

自由を求めた過去の人たちの真摯な思いとともに、歴史の流れが逆行していくような今の社会が抱えている問題点や矛盾についても考えさせられました。

最新の北朝鮮情勢や日本国内での共謀罪成立などと合わせながら、幅広い世代の方に見て頂きたいと思います。

ありふれた悪事の口コミ

ありふれた悪事を取り扱っている動画サービスは?

ありふれた悪事を取り扱っている動画サービスはまだありません。2017年12月に公開されたばかりなので、取り扱い開始まで楽しみに待ちましょう。