まじかんしょう。

ドラマや映画、アニメ、バラエティなど様々な動画を鑑賞した様々な人の感想などをまとめています。

ヱヴァンゲリオン新劇場版:Qってどうなの?あらすじと感想をまとめてみた

f:id:majimoney:20180224212144j:plain

最終決戦用汎用人型兵器ヱヴァンゲリオンに搭乗できるのは、選ばれし14歳。

もう、やり場のない思春期ならではの「自意識」が、風船のように張り詰めて、人類を脅かす「使徒」と14歳とシンクロする事で制御される人型兵器の速さとスケール感あるアクションが、アニメーションの域を超えて炸裂します。

ヱヴァンゲリオン新劇場版:Qのあらすじと感想

公開前も、徹底した情報管理と併行する企業とのタイアップでキャラクターは浸透して、多くの支持者の期待を煽っている傍ら、知らない人には「どうも、ねぇ」と思われるでしょう。本シリーズがファンの興味を惹く、「人類補完計画」だの、宗教的、記号論的ポイントが、3作目にしていよいよ、出て来て、正直私もその辺は覚束ないのですが。

ただ、主人公である碇シンジくんは、母親を亡くして、ウン年ぶりに再会した父は「ナントカ計画」にご執心で、選ばれしパイロットとして納得の行かない使命を果せと云われて、自意識がもう痛いほど膨れ上がってます。

彼を見る、女の人たちは「いくじなし」の烙印を押しますが、私は、思い当たるフシが在って、シンパシー持っているんですけどね。

今作でも、いきなりアイデンティティの証明だった、汎用兵器にもう乗らなくていいと信頼をよせる年上の女性から冷たく言い放たれるところから、目いっぱい心の針は「不安定」を示す。

そこに、彼の全てを受け止めてくれる、渚カヲル君が登場して、初めてに等しい友情に頬を赤らめる始末。カヲル君は、彼と違って言動も軸がぶれてなくて、ピアノなんかも上手く対照的にカッコイイキャラです。二次元愛に走っても、理解できるほど。

しかし、シンジ君に心の安らぎは、約束されない。まだ暫く「中二病」を患わさせられる宿命。今作も、汎用兵器に乗ってディザスターの引き金を引いちゃいました。

クライマックスはもちろん、作品の冒頭で宇宙空間から、地上への落下追跡のアクションが怒涛の展開をいきなり見せつけられて、訳がわからなくも、息がつまるような臨場感の醸し方は、他のアニメの追随を許しません。

総監督の庵野秀明さんは、アマチュアとしてその筋では、腕を魅せつけてきたのですが、彼がプロの世界に入ったきっかけが、「風の谷のナウシカ」の、クライマックス近くの巨神兵の登場の場面を受持たされた事でした。

汎用兵器のいでたちが、巨神兵を連想させるのも無理からぬ訳です。いよいよ、思春期の行き場のない「破壊の神」は、次作でこの世を作り替えるのか、はたまた破滅させるのか。

ヱヴァンゲリオン新劇場版:Qの口コミ

ヱヴァンゲリオン新劇場版:Qを取り扱っている動画サービスは?

ヱヴァンゲリオン新劇場版:Qを取り扱っている動画サービスはありませんが、アニメ版新世紀エヴァンゲリオンはAmazonプライムビデオ、U-NEXT、TSUTAYADISCASで観ることができます。