まじかんしょう。

ドラマや映画、アニメ、バラエティなど様々な動画を鑑賞した様々な人の感想などをまとめています。

ブラックマジック M-66ってどうなの?あらすじと感想をまとめてみた

f:id:majimoney:20180301001416j:plain

今回紹介するのはブラックマジック M-66というアニメ作品です。この作品の原作者は攻殻機動隊やアップルシードなどの代表作でお馴染みの士郎正宗です。

意外なことに自身で監督した作品はこのM-66ただひとつです。そのためか士郎正宗カラーがもっともよく反映された内容となっており、いわゆるサイバーパンクな雰囲気がよく表れています。

クセが強すぎて好みが分かれる作品ではありますが、本当の士郎正宗作品を観たいのであれば、間違いなく観るべき作品だと言えます。

ブラックマジック M-66のあらすじ

開発段階の人型兵器・M-66が輸送中の事故により紛失された。事故の連絡を受けて軍の特殊部隊がその回収に乗り出したが、M-66はすでに起動状態にあり活動を開始していたため回収は失敗となった。

一方、一連の出来事を無線傍受して軍の動きを 追っていたフリーの女性ジャーナリスト・シーベルはただちに現場へ急行するが、不運にもM-66の攻撃に巻き込まれてしまう。

しかもM-66のテストプログラムには開発者の孫娘・フェリスがターゲットとして登録されていたのだ。偶然にも街中でフェリス と遭遇したシーベルはM-66に追われるハメとなりフェリスと 行動を共にすることになる。

たった1体の人型兵器で街がパニック状態となる中で、二人は執拗にM-66の追跡を受けることになる のであった。

ブラックマジック M-66の感想

ストーリー自体はSFモノでよくある展開ですが、この作品の見所 は何と言っても人型兵器や特殊部隊のアクションにあります。具体的にいうとアニメではなくて実物の動きです。人型兵器で特徴的なのは、ワイヤを利用した独特のギミックとからくり人形のような動きです。

少女の容姿をした人型兵器はその見た目からは想像もつかないような非常にアクロバティックな動きを見せてくれます。パンチやキック一発で人間は肉の塊と化すほどのパワーを持っています。

万が一やられてしまった場合もタダでは終わらず、 毒ガスを放ったり体内から子爆弾を四方八方に撒き散らすといった 自爆攻撃の対抗手段もしっかり持っています。姿こそ人型ですが、もはや完全な兵器だという印象を否応なく与えてくれます。

似た ような作品としてターミネーターと通じる部分もありますが、純粋にメカとしての怖さはM-66のほうが上回っています。特殊部隊に関しては、兵士の動きはアニメではなく現実世界の軍隊 そのもので非常にリアリティがあり説得力があります。

そのため特殊部隊といえどもスーパーマンではなく、多数の犠牲者を出しています。このあたりの描写はさすが士郎正宗作品であると感じさせ てくれます。

ブラックマジック M-66の口コミ