まじかんしょう。

ドラマや映画、アニメ、バラエティなど様々な動画を鑑賞した様々な人の感想などをまとめています。

桐島、部活やめるってよってどうなの?あらすじと感想をまとめてみた

f:id:majimoney:20180302142239j:plain

今回紹介する「桐島、部活やめるってよ」は2012年に公開された映画で日本アカデミー賞で3冠を獲得しています。

桐島、部活やめるってよのあらすじと感想

いつもと変らぬ一日が繰り返される筈だった、ある「金曜日」の放課後に、バレー部の中心選手で、学校の中でも指折りの女の子と付き合っているスター的存在の生徒が、部活を退部するというニュースが駆け巡ります。

それに反応する、友人、恋人をはじめとする女子グループに、クラスの同級生らの視点、時間軸を変えたりしてみせて、描き方に「クセ」があります。

原作は未読で、映画と同じ進行をするのかは判りませんが、この奇をてらったような手法で、「桐島」の噂が、それぞれのグループ内の上辺だけの「親密さ」が崩れ、干渉せずに居られたグループ同士の衝突の起爆剤となっていく様が面白いです。

まぁ、暗さのカケラもない、クラスの人気者とその彼女って大体どの年代、どのクラスにも居ましたよね。自分とは違う存在は、無視していればいいしそうやってお互いの「領域」は守られている訳ですが。

神木さんは、この時代において「8mm」カメラに拘る、イケてない映画部員です。同じクラスの吹奏楽部の女子にすら、いちいち所属する部を名のるほど、クラスでの存在が薄い男子生徒だから、「桐島」なんてまったく別次元の存在です。「桐島」にカンケイしている連中の騒動をよそに、念願のゾンビ映画「生徒会・オブ・ザ・デッド」の製作を決意して、迷惑のかからない様に撮影を進めています。

折角、いいショットを収めようと準備万端整ったところで、「桐島」によって仕組まれた「爆弾」が、何の縁もない神木さんの目の前で爆発するクライマックスは、最大の見所です。

「Super8」のエンドタイトルで、主人公達が作ったゾンビ映画が流れました。あれは、映画少年のミューズだったエル・ファニングが、主人公と心通いあったお陰もあって、微笑ましく映りました。

この映画でも、神木さんの「生徒会・オブ・ザ・デッド」の一部分が流れるけど、誰の領域も侵さない神木さんに、橋本愛さんの気を惹く事は至難のワザだから、とっても悲しく写ります。

でも、彼の映画の中でのセリフ「僕は、この世界でしか生きるしかないんだ」は、こちらにもしっかり届きました。また、クライマックスまで交わる事がなかった、帰宅部のイケてる男子生徒が、神木さんと言葉を交わした後に取った「行動」に、ちょっと安心しました。

それまでの不信感や苛立ちにまみれていた、世界がなんか浄化されたというか。桐島、今度こそ電話に出ろよな。 あっ、あと神木さんの映画部の小太りの同級生がよかったです。

「俺、きのう満島ひかりに会ったよ。夢でさ」って。こんな幸せな頃ありましたね。もちろん、イケテル女子高生の会話も今様で、リアルでテンポありました。

桐島、部活やめるってよの口コミ

桐島、部活やめるってよを取り扱っている動画サービスは?

桐島、部活やめるってよを取り扱っている動画サービスはHulu、ビデオマーケット、auビデオパス、TSUTAYATVです。無料お試し期間もありますので利用してみて下さい。