まじかんしょう。

ドラマや映画、アニメ、バラエティなど様々な動画を鑑賞した様々な人の感想などをまとめています。

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-ってどうなの?あらすじと感想をまとめてみた

f:id:majimoney:20180308011536j:plain

今回紹介するのはDRAGON QUEST -ダイの大冒険-です。私は小さい頃、よくアニメを観ました。その中で、DRAGON QUEST -ダイの大冒険-という作品がとても面白かったので、それについてお話したいと思います。

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-のあらすじ

ダイの大冒険はテレビゲームのドラゴンクエストの外伝であり、勇者を志すダイ少年と、その仲間たちが力を合わせて大魔王バーンを討伐するため旅をする壮大な物語です。

その中でたくさんの人と出会い戦いがあり、時に恋をしたり挫折をしたり、旅が進むにつれて仲間も増えて、その都度みんな成長していく人間味あふれた作品です。

かつて魔王ハドラーは世界を牛耳ろうと企て、その討伐のため勇者アバンとその仲間たちは立ち上がり戦いを挑み、激闘の末ハドラーを倒すことに成功しました。

ハドラーの魔力が無くなったことで世界各地にいる魔物たちがおとなしくなり、平和が訪れたのですが、アバンはきたる脅威のため、後に「アバンの使徒」と呼ばれる弟子の育成を始めました。

ダイは赤ん坊の頃とある理由で海を漂流することになり、魔物の住む南の孤島デルムリン島に流れ着いたところ年配の魔物のブラスに拾われ、たくさんの魔物たちと共に楽しく暮らしていました。

そんなある日、島にパプニカ王国の人間が訪れ、そこでダイは王女のレオナ姫と出会い親しくなります。

しかし、レオナは家臣に暗殺を企てられており、ピンチに陥ったレオナを助けるためにダイは戦うのですが力が及びません。

すると、ダイの額に龍の紋章が浮かび上がり驚異的な力を発揮して、敵を一掃してしまいます。

神によって創り出され、悪を倒すための力を持つ、世界の調和を使命とした「ドラゴンの騎士」という存在がこの世界には昔からいました。そう。ダイはドラゴンの騎士だったのです。

そうしてダイは無事レオナを救い、一層絆を深めるのですが、そこでしばしのお別れとなります。

そしてある日、なんとダイの噂を聞きつけた勇者アバンが弟子の魔法使いポップを連れてデルムリン島を訪れるのです。

そしてアバンはダイをいっぱしの勇者にするため弟子として修行をさせ、アバン考案の武術、アバン流刀殺法を指南します。

しかしそんな日々もつかの間で、かつてアバンが倒した魔王ハドラーが新たに君臨する大魔王バーンの力によって復活し、再びアバンの前に立ちはだかります。

宿敵との闘いの中でアバンは弟子たちの命を守るため死を覚悟し、ダイとポップに少し早い卒業の証のネックレスを渡して大魔王バーン討伐を託します。

そして「自己犠牲呪文メガンテ」を唱えハドラーを撃破し、呪文の反動で自分も命を落としてしまいます。 そうしてアバンは愛する弟子と、デルムリン島を守りました。

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-の感想

師を失ったダイとポップは悲しみに暮れること間もなく、修行半ばですがアバンの志を受け継ぎ、大魔王バーンを倒すべく旅へと出るのです。 ドラゴンクエスト ダイの大冒険はわくわくして心も和む、とてもおもしろい作品です。 コミックスもたくさん出ていて、ドラゴンクエストファンの方が観ると更におもしろいです。 とてもおすすめです。

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-の口コミ